PAGE TOP
看護師子育てジオプレースFit

夜勤で働く看護師と仕事について

看護師子育てジオプレースFit

夜勤で働く看護師と仕事について

看護師の当直が16時間などにおよぶ長い時間の勤務で、仕事中に仮眠をとることが可能です。
しかし、状況次第では休憩の時間も絶対的なものではないです。

夜勤が多くなりすぎないよう回数は国の指針では、多くても月8回までと定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。
勤めている病院の状況によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、過労になりやすいのも、離職する看護師の医療希望が多い理由のひとつと考えられます。

看護師が転職する際の要領としては、新しいナースの仕事を見つけてから辞めたほうが良いでしょう。


それに、3ヶ月ぐらいは使って丁寧に次の仕事を見つけるようにしましょう。気持ちが焦った状態で次の職場へ行ってしまうと、次も辞めなければならなくなることもあるので、自分の条件に合う職場を念入りにチェックしましょう。
その事から、自分の希望する条件をハッキリさせることが重要です。キャリアアップを志して転職する看護師も少なくありません。看護師の転職の能力を向上させることで、収入を増やすこともできるでしょう。

その職場によっても看護師のナースの仕事の業務内容は異なっているため、自分で自分にピッタリな職場を探すことも大切でしょう。自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特養が合うと思う人もいるので、前向きに医療希望していくのもいいかもしれませんね。


看護士を志望する理由は実際、どんなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを交えるとイメージが良くなります。

転職の時の理由は今までに身につけたスキルを活かしたいより人の役に立つ技術を学びたいなど、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。

前の勤務先に関するネガティブなことは口にしないことが大切です。これは看護師の転職に限ったことではないのですが、前の勤務先についてゴチャゴチャ言う人というのは、新しい職場に行ったとしても、文句を言いやすい人という見方をされることになります。

関連記事