PAGE TOP
看護師子育てジオプレースFit

看護師の転職と職場について

看護師子育てジオプレースFit

看護師の転職と職場について

看護師の転職の勤め先といえば、病院と想像するのが一般的でしょう。

しかし、看護師の資格を使える職場は、病院以外にも多々あります。
保健所で、保健師の方と協力して、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の転職の役目です。それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、医療行為の大半を看護師がやります。看護師の医療希望の中には日本に限らず海外でも可能性を広げることも可能です。災害が発生した時など、現地に看護師が派遣されることがあるのです。看護の業務を海外でも行いたいと思うなら、そうした方法をとるのもおススメです。

看護師の海外派遣は多くは事前登録のはずですから、公的な機関に確認するときっかけになるはずです。看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが応募理由です。

何故、次の勤務場所としてそこを望んでいるのかを好感をもってもらえるように表すのはそれほどシンプルなものではありません。高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが労働条件のメリットを出すよりは、看護職員の専門性をブラッシュアップしたい等の、やりがいを求めているような応募理由のほうが採用に結びつきやすいと思います。当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長時間勤務となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。しかし、急な仕事があれば仮眠を取れるはずが、なくなってしまいますけどね。

夜勤の度合いは国の指針では、多くても月8回までと定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。

病院における看護師の状況によっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師の転職を辞める割合が高い理由の一部と思われます。
産業看護師の転職は従業員の健康が保てるように保健指導とかうつ病防止のためのメンタルケアもします。産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、職業紹介所で見つけるのは難しいでしょう。

興味を持った人は看護師専用の転職HPを利用してください。今更ホームページなんて、と思うかもしれませんが、情報を得るうえではネットは必要不可欠です。看護師サイトを見ることで何か大切なものを得られるだけでなく、利用することによって転職サポートが得られるのであれば、これは3度の食事を差し置いても転職サイトを利用することをお勧めします。

関連記事